プロミスの審査は学生NGなの?

皆さんご存知のように、カードローンの審査基準というものは、借り入れ出来るかどうかの目安ということで、大体のことは公開されていますね。

審査基準についてですが、非常にシビアなものになっているのですが、その線引きは担当者の判断で可否が分かれる事も、無いわけではないんです。

それぞれの状況を完璧に線引きできるのかというと大変難しい事だと思います。

キャッシング(カードローン)の審査では、職場への在籍確認はもっとも確実な本人確認の手段であり、省かれることはありません。

カード会社の場合は個人名で、銀行の場合は銀行名でかかってくることが多いようです。

ただ、条件つきで職場への電話を控えてくれる金融業者もあります。

名前の通ったところではSMBCモビットとかプロミスなどがあります。

どちらも銀行系ですが、特定の銀行に口座があって、給与の明細書、社員証や社保(組合健保も可)の保険証を持っている場合は、在籍確認に替えることができます。

ただ、その人の前歴や勤務年数などによっては在籍確認することもあるので事前に確認したほうがいいと思います。

社会的に、無職とは会社などに勤めていないということですが、配偶者が勤めているケースではキャッシングも利用可能です。

もちろん、パートナーに定期収入がなければ審査に通るのは難しく、限度額も低めに設定されています。

なお、配偶者が所有するクレジットカードの家族カードを発行してもらうと、キャッシング機能を使えます。

あるいは、年金で生活しているという人はキャッシング利用可能な対象になります。

借入額が多ければ多いほど借金の返済にかかる期間は長くなる上、利息の額も多くなります。

負担を抑えるためにも、余裕がある場合には繰り上げ返済という手段の利用が賢明です。

毎月の返済金額はあらかじめ決まっていますが、それ以上の返済額を支払っていけば、借金の返済期間の短縮も可能となり、負担する利息の額も安くできるでしょう。

新規契約時など、一定期間ゼロ金利という学生でも申し込めるプロミスのキャッシングサービスを見かけることが増えてきました。

実は、このサービスとIPO投資を組み合わせて運用すれば、莫大な利益が望めます。

無利息キャンペーンが適応されたお金で希望のIPOに申し込みをし、抽選で選ばれたら大きな利益が期待できますし、もし外れてしまっても、戻ってきた資金を返済費用にすればいいので、ご自身が損することは無いと思います。

ですが、間違ってもIPO投資以外の投資でプロミスのキャッシングを利用してはいけません。

結果的に借金がかさむ可能性が高く、やめた方が良いでしょう。

プロミスのキャッシングの際の最低額はいくらからか知りたい所です。

会社の多くが最低1万円から使えるようになっておりますが、会社により、1000円ごとで使える所もあります。

最低は1万円ほどを基準と考えておけばいいでしょう。

お金を借りるために必要な書類は一般に言われているほど多くはありません。

金融業者ごとに独自のルールがあるかもしれませんが、それでも写真付きの免許証やパスポートがあったら、住所や本籍地等も掲載されていて、充分なようです。

こんなふうに、実際に借りるのは簡単です。

しかし返済時に「借りれて助かったな」と笑って返せるかは、お金を手にする前の心がけ次第とも言えます。

貸す側は『収入』を見ますが、毎月の『支出』について把握しているのはあなた自身です。

現実的な返済プランをきちんと立てる判断力が大事です。

昔は借金が返済できないとなるとしつこい取り立てがあったと聞くのが、消費者金融ではないでしょうか。

しかし、ここ最近ではそういったことはまるでないでしょう。

そういったことをすると法律違反だとみなされるからです。

そんなわけで、取り立てが怖いため借りるのはごめんだと不安に思う必要はないといえるでしょう。

利便性が高いキャッシングですが、審査に通らないと融資は受けられませんから対策を練っている人も多いと思います。

でも、合格したいあまりに虚偽の内容で申し込むことは厳禁です。

業者も申請内容を鵜呑みにはしませんから、書類内容の真偽を確認しています。

勤務先などの嘘はすぐに発覚しますし、返済段階で虚偽が認められると、一括返済やカードが利用停止になり強制解約されることもあります。

今後、別の金融機関の借入れの際の障害にもなるので、嘘は書かない方が賢明です。

キャッシングを使用した時には返済することが当たり前ですが、何らかの事情で支払いをできない時が発生した場合には断りなくお金を払わないことは絶対にだめです。

遅延利息を求められたり、俗に言うブラックリストに名前が載ってしまったりするでしょう。

プロミスの学生でも申し込めるプロミスのキャッシングサービスは、申し込み方法は大きく分けて四通りありインターネット、電話、店頭窓口、ATMから利用する事が出来ます。

『三井住友銀行』か『ジャパネット銀行』をお使いの方であれば、申請が完了してから10秒程度で指定した口座に入金されるサービスを非常に便利です。

女性専用ダイヤルも完備しており、何より30日間の金利がかからない期間があるのも多くの方からプロミスは支持を得ているのでしょう。

キャッシングの申し込み時は、希望限度額もポイントになります。

借入限度額が50万円以下なら、運転免許証を提示して本人確認が取れれば契約することができるからです。

しかし、希望する限度額が50万円を超したり、他社からの借入と合わせた額が100万円を超すと、 所得証明書の提出を求められることになり、事務手続きがちょっと繁雑になるという訳です。

コンビニATMが使えたりと使い勝手の良いカードローンは、利用方法を誤れば後に悪影響を及ぼすこともあります。

もし返済が遅れてしまえば、今後他の契約を考えたときに障害となってしまいます。

とりわけ住宅ローンや車のローンなどかなり高い金額でのローンを考えた際、もし返済が遅れたことがあれば、それらのローン審査で断られる可能性があります。

その後の自分の為にも返済遅延を起こさないように、利用する際には注意しましょう。

最近は短時間で審査が済みますが、まったく審査なしでお金を借りることはまず無理です。

普通の会社なら、担保や本人要件を審査した後に、信用に基づいた融資をしています。

いくら貸金業の免許があったとしても、無審査で現金を融資するような会社は背後に違法な組織があったり、法外な金利を設定している危険性があります。

審査が不安であれば、「ゆるい」ところを利用するのもありだと思います。

カードローンなら楽天が審査が通りやすいという評判です。

著名な会社なのに貸金業では新参だからかもしれません。

よそで審査に落ちた人でもトライしてみる価値はあるのではないでしょうか。

プロミスのキャッシングを複数の会社で利用するにあたっては借入金額の総量規制があるので、利用可能額がトータルでいくらになるかを確認し、プロミスのキャッシングの申し込みを行うことが大事です。

消費者金融会社が、こうして総量規制を設定しているのは、利用者があまりに多くの金額を返済のあてもないのに借り入れすることを防止するためで、年収の額によってこの上限が定められるので、自分がいくら借りているかを確認した上でキャッシングの利用を判断してください。

引用:http://www.petkoto.com/check/student.html