ボトックス注射で小顔になれるの?

どのような特徴がボトックス注射にはあるのでしょう。
増加しているのが、小顔に憧れる人で女性だけに限らず男性にも多いようです。
外科的な整形手術が、ボトックスが登場するまでは小顔になるためには不可欠なものでした。
現在ではボトックス注射によって、小顔になることが可能となったのです。
韓国やアメリカでボトックス注射は盛んに行われており、美容手術としてはメスが不要です。
ボツリヌス菌から抽出される成分であるボトックスとは、本来は顔のけいれんの治療に神経外科で使用されていたものです。
ボトックスの成分には、筋肉を動かす神経に働きかける作用があります。
しわ除去や多汗症の対策に最近までは用いられていましたが、小顔施術にも近頃では利用されているといいます。
ボトックスでしわ対策ができるのは、神経に働きかけて筋肉に力が入らないようにできるためです。
エラが張ったり、下ぶくれの顔だちをしている人はその原因が、咬筋という下あごの筋肉の発達が原因である場合があるそうです。
咬筋の退化をボトックスを注射することで促し、小顔に筋肉を小さくすることでなるというのです。
ボトックスは筋肉に対して影響を及ぼすものです。
下あごが張って見える理由が咬筋ではなく骨格にあるという人にはボトックスの効果はほとんどありません。
小顔効果はボトックス注射から2週間ほどで実感できるようになり、半年から1年は持続します。
フェイササイズUP口コミ「痩せたと言われた」【噂の口コミ嘘?本当】