介護福祉士の病気対策は?

介護福祉士の仕事というものはかなりの激務です。
特に精神面の負担が非常に大きく、ストレス等からうつ病を患ってしまう職員も少なくありません。
また体力的にはそれほど厳しい仕事ではありませんが、それでも男性職員の場合はまだいいのですが、女性職員の場合は入浴介助等、体力を使うこともしばしばです。
うつ病の対策としては、なによりもストレスを溜めすぎないことと、適度にストレスを発散すること、またホルモンバランスを崩さないように極力バランスのよい食事を、規則正しく取るということ、睡眠をしっかりとることなどが大事です。
職員同士で定期的に食事にでかけたり、遊びに出かけたりするのも非常に効果的です。
仕事の性質上、自分のことを後回しにしてしまいがちですが、しっかり自分を労ってあげることも忘れないようにしましょう。