火災保険の全部保険と一部保険の違いは?

火災保険には、全部保険・一部保険という言葉があるそうです。
火災保険はその家の構造によって支払われる保障料が決定します。
一般的な火災保険は、全部保険と言われるもので、これは火災が発生した場合、どんな場合でも契約された保障額を受け取る事が出来るものです。
一部保険は、全部保険よりも劣ってきます。
火災が発生した場合、そのレベルによって、保障額が決められるので、全焼出ない限り、全額を受け取れる事は難しくなります。
一般的には、全部保障に加入している方が多いとはいえ、どの保険加入でも、保障を完璧に把握している方は少ないと思います。
自分が加入している火災保険が、どの保険になるか万が一の時に備えて保険会社に確認しておくと安心ですね。
保険無料相談の口コミいい?保険の事ならなんでもOK!【保険マンモス】